どれくらいお得?知っておきたい、普通の航空券と格安航空券の差

安くいくのであれば格安航空券

大手航空会社を利用する場合、正規料金は料金が結構高いです。例えば、羽田空港から新千歳空港に移動する場合、大手航空会社の場合正規運賃が片道で37790円です。往復で約8万円かかります。
しかし、LCCのような格安航空券でしたら同じ羽田空港から新千歳空港までの料金が一番安い値段で9890円です。つまり、大手航空会社の正規料金よりはるかに安く移動出来てしまいます。ただ、LCCの場合は座席が狭いとか有料オプションサービスと、サービス面では大手航空会社に劣る面があります。なるべく安く移動したいと考えている人であれば迷わずLCCを選択するのが良いです。中にはマイレージサービスを導入している会社もありますので、頻繁に利用するのであれば登録するのが良いです。ただ、安く買えるのには訳があり、区間変更が出来ないとかキャンセルが出来ないなどの制約がありますので、購入時はキチンと確認しないといけません。

大手航空会社も数か月前に予約しておけば

LCCの台頭で旅客を奪われると危機感を持った大手航空会社もLCCに対抗して料金の値引きを行っています。
それは、数か月前から予約しておけば正規料金より安く航空券を購入する事が出来ます。
羽田空港から新千歳空港への移動、同じ大手航空会社は正規料金で37790円ですが、これを5か月前から予約を入れておけば同じ区間で同じ航空会社ですが11290円で購入する事が出来ます。LCCよりまだ若干高いですが、サービス面は正規料金と購入した時と変わらないです。ただ、区間の変更が出来ないという制約がかかってしまい、取り消し時も制約がかかってしまうなど、安く買える反面、色々な制約がかかってしまうという欠点があります。購入時は気を付けなければならないです。